マイホームを手に入れた際に必要な生命保険について

生命保険の選び方

マイホームを手に入れた際に必要な生命保険について

私たちにとってマイホームを購入するということは、夢の1つでもあります。
一日の仕事が終わり、安心して帰ることができる家があるのは精神的にとても良いことです。
結婚してからマイホーム購入に向けて節約を頑張ってきた方も多いのではないでしょうか。
マイホームを購入したときにも、生命保険を見直す重要な転換期になります。

マイホームを一括購入するだけの費用があれば問題ありませんが、自己資金のみでは足りない場合住宅ローンを利用する方が多いです。
この住宅ローンを組むときには、金融機関の団体信用生命保険に加入する必要があります。
この団体信用生命保険とは、ローン返済中に死亡した場合の保障です。
加入者が死亡してしまうと、金融機関は費用を回収することができません。
また、残された家族も自分自身の生活もあるのにローンを返済することは困難です。
万が一のことがあると、その時点でのローン残高が金融機関に支払われるのです。
夫婦で組むことも出来ますし、世帯主のみに保険をかけることも可能です。
共働きの場合は半分ずつに分けることで負担を軽減しています。
保険に加入していない人が死亡しても、その後はローンを払い続けなければいけないため注意が必要です。

団体信用生命保険でローンはカバーできますが、あくまでも住宅購入に対しての保障です。
残された遺族に対する保障は個人で準備する必要があります。
マイホーム購入前から保険に加入していたのであれば、その保険を一度見直してみましょう。
万が一病気やケガで働くことが出来なくなってしまっても、その後もローンは返済しなければいけません。
ローンなので支払いが滞ると支障が生じる場合もあります。
通常の死亡保障がついている保険に加えて、特約保障も充実させる必要があります。
就業不能になってしまったときの保障や、三大疾病・ガンに対する特約があれば万が一仕事ができなくなってしまってもそこから一時金を受け取ることが出来ます。