子供が出来た際に必要な生命保険について

生命保険の選び方

子供が出来た際に必要な生命保険について

子供が出来たときに必要な生命保険はあらゆる側面から考える必要があります。
それは、夫婦のための保険と子供のための保険です。

子供が生まれると、成長するまで色々なお金がかかります。
夫婦二人で生活している時よりも、うんとお金がかかるのです。
お金が必要になるということは、通常よりも自分が死亡すると遺族が経済的に困る割合が増えます。
自分に万が一のことがあったときに残された家族のための保障が必要になるのです。

夫婦ともに仕事をしているのであれば、万が一のことがあっても一定の収入があります。
しかし、夫婦共働きでない場合は仕事をするまでの資金もいるためより充実した保障が求められます。
死亡保障に重点を置くか、もしくは余裕があれば満期や一時金があるタイプも良いでしょう。
生命保険だけではなくて医療や自分が就業不能になったときの特約を付加することをオススメします。
がん保険は若い間はいらないと思われがちですが、日本人の入院や死亡原因の中でもガンは多いのです。
病名診断や、余命宣告をされたときの一時金が支払われるタイプも視野にいれると良いでしょう。

実際に子供が生まれると、多くの方が学資保険に加入します。
子供が生まれると、入学時や進学時にお金が必要になります。
高校入試や大学入試となると、入試のための資金や入学金なども用意しなければいけません。
国公立よりも私立に進学すると、より資金が必要です。
18歳満期や22歳満期の学資保険もありますし、12歳や15歳のときに一時金が受け取ることが出来る保険種類もあります。
契約者が死亡したときや、所定の身体状態になったときはそれ以後の保険料が免除されます。
もちろん途中の一時金や満期保険金はそのまま受け取ることが出来ます。
育英年金付の保険もあり、年額10万円というように毎年受け取ることも可能です。
子供の教育費に対してだけではなく、子供のためにも私たちに何かあったときの保障もついています。